ツイッター誹謗中傷ツイート削除方法

2020.09.25

 ツイッターで誹謗中傷をうけたり、嫌がらせを受けた場合の対処法や削除方法を記載していきます。

Twitter(ツイッター)社の運用ポリシー

まず、はじめにツイッター定められているルールについて知っておくべきです
下記内容のツイートは禁止されています。

  • 個人または集団に向けた暴力をほのめかす脅迫(暴力を賛美することも禁止)
  • テロ行為または暴力的過激主義をほのめかすことや助長すること
  • 児童の性的搾取
  • 特定の人物を標的とした嫌がらせに関与したり、他の人にそうするよう扇動したりすること
    ※誰かが身体的危害を被ることを願う、または望むことも含まれます
  • 人種、民族、出身地、社会的地位、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障碍、深刻な疾患を理由にして他者への暴力を助長したり、脅迫または嫌がらせを行ったりする投稿
  • 自殺や自傷行為の助長や扇動
  • ライブ放送、プロフィール画像、またはヘッダー画像として、過度にグロテスクな、暴力を共有する、または成人向けコンテンツを含む画像/動画を投稿すること
    ※強姦及び性的暴行を含む画像/動画も禁止
  • 非合法な目的で、または違法な活動を促進させるためにTwitterのサービスを利用すること
    ※違法な商品・サービス、および特定の種類の規制対象商品・サービスの販売、購入、または取引の促進を含む
  • 個人情報(自宅の電話番号や住所など)を、明確な許可を受けずに公開または投稿
  • 個人情報を公開すると脅迫する行為、または他者にこれを促す行為
  • 本人の同意を得ずに撮影または配布された、私的な画像や動画の投稿や共有
  • 情報を人為的に拡散または隠蔽したり、Twitterのユーザー体験を操作または侵害する行為に関与したりする意図で、Twitterのサービスを利用すること
  • 選挙やその他の市民活動の操作や妨害を目的としてTwitterのサービスを利用すること
  • 誤解や困惑を招いたり、他者を欺いたりするような方法で、個人、グループ、組織になりすます行為
  • 損害につながる可能性が高い、合成または操作されたメディアを、ユーザーを欺くことを意図して共有すること
  • 著作権や商標など、他者に帰属する知的財産権を侵害すること

誹謗中傷的なツイートを他人から受けた場合、つい熱くなりやすいですが、
まずはツイッターのルールに当てはまるか確認するところから始めましょう。

参考:Twitterルール

「早急に対応したい」「確実に消したい」等、お急ぎや、少しでも不安に感じている場合はいつでもご相談下さい。

今すぐ無料相談

削除対象になるツイート

削除の対象になるツイートは上記のルールに違反した内容のツイートが対象になります。
個人情報については、住所や電話番号だけではなく、クレジットカード情報や顔写真なども削除対象になります。

ツイッター誹謗中傷ツイート削除方法

誹謗中傷ツイートで被害を受けてしまった場合、
そのツイートは加害者である本人が削除、まやはTwitter社から削除してもらわない限り消える事はありません。

直接DMで削除依頼する

誹謗中傷ツイートをしたアカウントがDM(ダイレクトメール)を解放している場合、DMをつかって直接削除依頼する方法があります。
問題なく削除してくれる場合も少なからずありますが、削除に応じず、逆上され、さらなる誹謗中傷を受ける可能性が高いです。
DMでの削除依頼はこうしたトラブルの元になるので、基本的には第三者(弁護士など)を介して削除依頼するのが良いと思われます。

Twitter(ツイッター)社に削除依頼する

誹謗中傷ツイートをしたアカウントに問い合わせても削除に応じない場合はツイッター社に問い合わせてツイートの削除依頼をしましょう。
以下の注意事項を確認して削除依頼を進めましょう。

削除依頼の準備

削除依頼をする際に用意しておいた方が良いものを説明します。

  1. 該当の誹謗中傷ツイートのスクリーンショット
  2. 誹謗中傷したツイッターアカウント情報
  3. 自分のツイッターアカウント情報
  4. 本人確認書類
    ※免許証、パスポート、学生証など

誹謗中傷したアカウントがブロックしてくる可能性もありますので、予め証拠を残しておきましょう。
また、該当ツイートのURLなども控えておく事をお勧めします。
これらについては、後に記述する弁護士へ依頼の際にも用意しておいた方が良いものになりますので出来るだけ迅速に用意しましょう。

削除依頼方法

ツイッターのお問い合わせページに移動します。
ツイッターお問い合わせページはコチラ

「攻撃的な行為やセンシティブなコンテンツを報告したい」を選択します。

次に報告したい内容を選択します。
誹謗中傷や嫌がらせを報告したい場合は「嫌がらせや攻撃的な行為を報告したい」を選択します。
個人情報を許可なくツイートされている場合は「個人情報が投稿されているので報告したい」を選択します。

誹謗中傷や嫌がらせの場合、以下の画面に遷移します。
各入力を行いましょう。
「問題の詳細」には出来るだけわかりやすく入力しましょう。
また、このページではスクリーンショットは貼れませんので該当ツイートのリンク(URL)を添付します。

個人情報の場合でも誹謗中傷や嫌がらせと同じく「問題の詳細」には出来るだけわかりやすく入力しましょう。
入力が完了したらメールアドレス、氏名を入力して署名して完了となります。

削除できない場合の対処法

ツイッターのルールに違反しているのにも関わらず、問い合わせをしても[削除されなかった]、受付までの期間が長引いたりする場合もあるようすです。 自分でツイッターに削除依頼しても削除されない場合、以下の対処法を試してみてください。

専門の弁護士に相談する

より確実に削除を進めるにはやはり専門家に任せるほうが安心できます。 誹謗中傷されたツイートにかかる全ての作業を任せる事ができます。

弁護士に相談するメリット

  • 誹謗中傷ツイートの削除に関するすべての作業を一任できる
  • 権利を侵害するかどうか法律的な観点から判断してくれる

やはり専門的な権利侵害などは自分では判断が難しいかと思います。 そういった「本当に大丈夫?」などの不安もなくなります。

誹謗中傷ツイートの削除依頼は早めに!!!

書込みを放置すると危険な理由!でも記載していますが、削除対応や依頼が遅くなったり放置して良い事は何一つありません。 更なる拡散や、職場や家族にまで迷惑がかかってしまう。就職活動にも影響が出たりすることも大いにあります。 もし誹謗中傷などを受けた場合には直接アカウントに問い合わせるのではなく第三者を介して削除の依頼を行いましょう。

誹謗中傷ツイート削除成功のカギは?

あなたの被害状況によって対応が変わってきます。 当サイトは無料相談を受け付けていますので、まずはお気軽にご連絡ください! 誠心誠意お答えいたします。

お気軽にご相談ください

今すぐ無料相談

Copyright© 【消せる.jp】 ネット中傷トラブルの専門窓口 , 2020 All Rights Reserved.