Googleマップの口コミを削除する方法

2020.09.17

Googleマップの口コミ機能

Googleマップで検索するとお店や施設の詳細情報が確認できます。
また、利用したユーザーからの口コミも知る事ができます。

Googleマップでは「スポット」とも呼ばれています。
Googleのアカウントがあれば誰でも口コミを投稿できます。

中には、事実ではない口コミや悪意のある口コミが見受けられる場合もあります。
こういったネガティブな口コミは集客の妨げになったり、悪いうわさが広がったりし、良い事は何一つありません。

誹謗中傷や悪意ある口コミを書き込みをされてしまった場合、早急に対応するべきです。
ネットの誹謗中傷を放置するのは危険です その理由は以下ページをご確認ください。
書込みを放置すると危険な理由!

「早急に対応したい」「確実に消したい」等、お急ぎや、少しでも不安に感じている場合はいつでもご相談下さい。

今すぐ無料相談



ここでは、Googleマップの口コミを削除する方法注意点をまとめていきます。

Googleマップの口コミを削除する方法

Googleの口コミ削除基準

①ポリシーに反するもの

Googleではポリシーに反する口コミの削除依頼を受け付けています。

「「マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー」は、ユーザー作成コンテンツがすべての利用者にとって有益なものとなるように策定」
と記載があります。
要約すると、第三者が閲覧した際に「お得な情報」と思うか否かが重要になってきます。
「公益性がない口コミ」は削除対象となります。

引用:マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー

②禁止および制限されているコンテンツ

Googleマップの口コミは「なんとなく削除したい」「ムカつくから消したい」などの理由では削除できない可能性があります。
なぜなら「禁止および制限されているコンテンツ」に当てはまるかが重要になるからです。

  • スパムと虚偽のコンテンツ
  • 関連性のないコンテンツ
  • 制限されているコンテンツ
  • 違法なコンテンツ
  • テロリストのコンテンツ
  • 露骨な性的表現を含むコンテンツ
  • 不適切なコンテンツ
  • 危険なコンテンツおよび中傷的なコンテンツ
  • なりすまし
  • 利害に関する問題

上記のコンテンツに該当する場合削除される可能性が高いです。

引用:禁止および制限されているコンテンツ

③権利侵害

以下4つに当てはまる場合、法律に基づいて口コミ削除依頼が可能です。

  • 名誉棄損罪
  • 屈辱罪
  • 信用棄損罪
  • 営業妨害罪

悪口や愚痴のような内容でも「名誉棄損」等に該当する場合もあります。
また、信用問題、経営、営業の存続に関わる口コミは削除依頼することをお勧めします。

法律に基づく権利侵害で削除依頼する場合、個人でも可能ですが、弁護士に依頼するのが得策です。
法的な裏付けをもって対応してくれるので削除される可能性は非常に高くなります。

削除手順

オーナーとして口コミ削除依頼をする方法

お店や、施設、企業のオーナーとして削除する場合、GoogleマイビジネスへのGoogleアカウントの登録が必要です。

引用:不適切なコンテンツを報告し、修正する

PCでの削除方法
  • マイビジネスにログインする
  • 「ビジネスを管理」をクリックする
  • 「口コミ」をクリックする
  • 該当の口コミを探す⇒「その他メニュー」をクリックして「不適切な口コミとして報告」をクリックする
スマホでの削除方法
  • マイビジネスアプリを起動する
  • メニューをタップ⇒「口コミ」をタップする
  • 該当の口コミを探す⇒「その他メニュー」をタップして「不適切な口コミとして報告」をタップする

第三者として口コミ削除依頼をする方法

マイビジネスの登録がなくても誹謗中傷や悪意のある口コミを削除依頼することができます。

引用:不適切なコンテンツを報告し、修正する

削除依頼の際の注意事項

Googleマップの口コミは、文章での削除依頼ができません。
Google対して削除したい理由が伝わりにくいといったデメリットがあります。
また、削除するかはすべてGoogleの判断になります
削除依頼は慎重に行う必要性があります 削除申請は1回目が重要となります。
何度も申請したり、削除依頼の内容に不備がある場合、最悪ブラックリスト(スパム)登録され、その後一切削除依頼に対応してもらえなくなる可能性があります。
削除依頼は1回だけにしましょう。

弁護士に削除依頼をする

誹謗中傷に強い弁護士に依頼することでスピーディーかつ確実に削除してもらう事が可能です。
また、弁護士に依頼することによって、法的な裏付けをもって削除依頼してもらう事が可能になります。
やはり個人では法的な根拠や裏付けを用意するのは難しいかと思います。
弁護士に相談する事が確実に削除を進める事につながります。
自分で依頼したけど削除出来なかった場合や、書き込みをした人を特定したい場合は弁護士を頼りましょう。
自分で削除依頼をするよりも格段に確実性が高い方法となります。

成功のカギは?どこに相談したらいいの?

あなたの被害状況によって対応が変わってきます。
当サイトは無料相談を受け付けていますので、まずはお気軽にご連絡ください!誠心誠意お答えいたします。

お気軽にご相談ください

今すぐ無料相談

Copyright© 【消せる.jp】 ネット中傷トラブルの専門窓口 , 2020 All Rights Reserved.